漢方にも代謝をアップさせるものあり!

漢方にも代謝をアップさせるものあり!

漢方って未病を防ぐために使用されるイメージであまりダイエットに効果のあるイメージがないのですが実は代謝アップが期待できるものもあります。中国ではは古くから使用されていて植物から出来ているので体に負担が少なく安心して使えます。そこで今回は代謝アップできる漢方についてお話ししていきたいと思います。

「体のバランスを整える」ことを目的にしている

漢方では「気」「水」「血」という考えに基づき、これらのバランスが崩れて不調が起こると考えられていまので、基礎代謝が上がり体温が上がります。すると運動効果も高まって痩せやすい体作りができてきます。

代謝アップに効果のある漢方薬

◯水タイプの人
<むくみ、冷え性、めまい、筋肉が少ない、耳鳴りを感じる人>
防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)
利尿作用く余分な水分を排出するサポートをしてくれるので、むくみ解消が期待できます。

◯血タイプの人
<生理不順、肩こり、頭痛、お腹がポッコリの人>
桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
血液循環を改善しまたホルモンバランスを整える働きもありますので、生理不順などの改善も期待できます。

◯気タイプの人
<ストレスが原因の症状、疲れやすい、イライラする>
加味逍遥散(かみしょうようさん)
気や血の流れをよくし、血を補うことで体のバランスを整えるという漢方薬です。また自律神経を調整する働きもあるので、イライラ解消にも効果があります。
大柴胡湯(だいさいことう)
ストレスで食べ過ぎになっている人におすすめです。コッコアポG錠の成分にも含まれていて、脂肪燃焼の働きもあるとされています。

漢方にも代謝をアップさせるものあり!

効果的な飲み方

基本的にはいつ飲んでも良いのですが、より効果的に飲むには、食前か食間が良いと言われています。ただ漢方薬によっては飲むタイミングを指定されるものもありますので、専門医の指示に従って服用しましょう。

まとめ

サプリメントに抵抗のある人にとっては、漢方薬は体に優しいとされています。ただ即効性はないので、中長期的に飲み続けることが必要になります。急激なダイエットよりも体質改善をした結果ダイエットできた!という風に考えて取り入れるのがよいかもしれませんね。

Top